Prestige

日々の記録。

読解する

左から右へ、目を動かす。文字列をスキャンする。一番端までいったら、1行下へ移動して、同じことを繰り返す。たったこれだけの動作なら、さほど難しくない。

だが、スキャンした文字列は、何がしかの意味を持っている。

ワタシハソノヒトヲツネニセンセイトヨンデイタ

ダカラココデモタダセンセイトカクダケデホンミョウハウチアケナイ

1文目と2文目はどのような関連にあるのか?カクことをしているのは誰だ?ホンミョウって何のことだ?そもそもなにがダカラなんだ?ワタシは誰だ?

文節までを認識することはできるのだ。ただ、文節と文節がどのようにつながって文となって、文と文がどのようにつながって文章になるのかが、わからない。だから、1行読んで、2行目にいくのだけれど、すぐにまた1行目に戻る。話の流れがわからない。ループを繰り返しているうちに、疲れて読書そのものを放棄してしまう。

 

19歳の夏、文章が読めなくなった。幼少期には文庫本1冊1時間とかからなかった私が、新聞を舐めるように読んでいた私が、段落1つ目を通すのさえ苦痛に感じた。ある日突然、日本語が、不慣れな外国語のようになった。

小説を読めなくなったことはショックだったけれど、それ以上に困ったのが教科書が読めないことだった。苦肉の策で始めたのが、ノートへの転写だった。音読しながら、文字をすべて書き写し、それをまた読み返す。時間は果てしなくかかるけれど、それでもゼロよりましだと思った。

文章は読めなくなったけれど、楽譜を読むことに支障はなかった。小説に代わって五線譜が、私の新たな友達になった。

 

文章が読めない状態は、3年間続いた。

23歳の秋、何気なく手に取った村上春樹1Q84は、すっと私のなかに落ちてきた。ある日突然、日本語が流暢に読めるようになった。段落を遡らなくても、ページを逆にめくらなくても、物語が私のなかに落ちてきた。嬉しさに涙しながら、慌てて空の月の数を何度も確認した。

 

今でも、小学生の私のように、1日に何冊もハリー・ポッターを読むことはできないし、ちょっと難しい文章となると書き写さないと理解ができない。

人工知能は読解問題が苦手ときいて、ああ私も同じなのかなと、思った次第。

私の「感性」

私の師匠は「感性」という言葉をよく使う。「感性」とは「感動」できる心のこと。「感動」と「感激」は違うもので、「感激」できるひとは多くても「感動」できるひとはそういない、というのが先生の持論だ。

「感性」は芸術のみならず、日常におけるそのひととなりそのものである。他人に対して愛情をもって接することができるということ。相手のことを慮ることができるということ。

師匠の使う「感性」という言葉にあてはまるひとはみな、人当たりが良く、物腰柔らかで、愛想が良い。物事に対する探究心がある。探求することの嬉しさを知っている。

師匠は「感性」が育つためには、幼少期の環境が非常に大事だと言った。親にきちんと愛情を注がれ、コミュニケーションを学ぶことがなによりだそうだ。親子関係がうまくいかなかった子どもは、「感性」の欠けたおとなになってしまう。

 

師匠は、40年近くに渡り学生を指導し、一大門下を築いた。その師匠が40年間多くの弟子を育て得た人生観は、確かにひとつの正解なのだと思う。

しかし一方で、私は師匠のいう「感性」の稀有な例外なのであった。

私の育った家庭環境は決して良好といえるものではなかったし、中学生頃から自殺企図は絶えず、20歳で双極性障害(ii型)と診断された。それから5年経った今も尚「治療中」である。

師匠の理屈に基づけば、私はどこかしら「欠けた」おとなになってしまったのだろう。事実、「人に愛される」ということがさっぱりわからないのだ。「愛される」という経験が25年間なかったので、今更「愛」を差し出されても、異国のゲテモノ料理のような、匂いだけで吐き気を催してしまうような、ものにしか思えないのだ。幸い「人を愛する」ことはできるのだけれど、いつも一方的で、返ってくるものをうまくうけとることができない。食わず嫌いをしているのである。

こんな「欠けた」私だけれど、師匠は「感性」があると言ってくださった。思いやり、愛情、探究心。普通だったら育たなかっただろう要素を、幸いにして私は持っているおとなになることができたのだ。

では私の「感性」はどこからきたのだろう。答えは師匠にもわからない。改めて私は、自分の特異性を思い知らされる。師匠の未だ知らない人生が、私の先には広がっている。それがよいものなのかどうかはわからない。

 

師匠の言うことは絶対ではない。けれど、生きることの辛さに日々悩まされている私にとって、「あなたには「感性」があります」と師匠が会うたび言ってくださることが、間違いなく心の支えになっている。私は私でよいのだと、安心させてくれる。

「欠けた」私の存在価値を誰よりも認めてくださっているのは、師匠だった。

コンビニ人間 / 消滅世界

コンビニ人間

今年の芥川賞。発売早々読んだのですが記事にしていませんでした。 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 主人公は、おそらくなんらかの発達障害をもった女性。幼少期から「普通でない」思考回路の持ち主で、大学時代コンビニバイトを始めたことをきっかけに、生まれて初めて社会との接点をもつ。それから18年間、就職もせずにコンビニバイトを続けていたが、ある日新人バイトとの出会いをきっかけに、安定した日常が揺らぎ出す…

彼女からみた「社会」の有り様が兎に角独特で、「普通でない」人の視点から私たちの社会を覗くことで、「当たり前」であることの異質さが浮き彫りになっていきます。正直、玄人好みの作品ではないでしょうか。この独特の視点を文学作品として楽しめるか、あまりに非日常なこととして受け入れられるかは、日頃から純文学を読み慣れているかに依存する気がしています。

消滅世界

村田沙耶香の作品をもうひとつ。

消滅世界

消滅世界

 

 コンビニ人間より、わかりやすい起承転結になっています。読書秋雨感のない人でも読みやすいかと。

舞台はパラレルワールド

「ヒトは科学的な交尾によって繁殖する唯一の動物である」

人工授精の研究が進み、セックスは行われなくなった。特に夫婦間のセックスは近親相姦と認められるようになった。恋愛は昔のセックスの名残であり、アニメや漫画、本のキャラクターに対して恋愛感情を抱くこともある。

そんな社会で「両親のセックス」により生まれてきた主人公は、自分の性のあり方について悩みながら成長していきます。

生物としての本能を失いつつある人間たちのグロテスクな末路を、ご堪能あれ。

前代未聞の「日本の未来を予言する衝撃作」。

今抱えてる曲memo

数年ぶりに抱えている曲が少ない。

ウェーバー/Concerto no.2 (レッスン課題)

ドヴォルザーク/新世界1st

・ツェムリンスキー/Trio

だけ!!

しかもドヴォルザークは演奏経験あり。

ウェーバーは指は回るのでさらいこむだけ。

ツェムリンスキーは和声が難しい。横の流れで音程をスパッと当てるのが難しい。

とにウツ[実践編#1]

はあちゅう2冊目を読書中。

折角夏だし、私も1ヶ月で人生を変えたい。ということで本書に沿って私もセルフカウンセリングしていくよ!(よってレビューではありませんただのネタバレです)

 

 心と体のダイエット

人生の不満(とりあえず書き出してみる)

・足が太い

・最近お腹がつまめるようになった気がする

・朝起きられない

・常に寝不足

・寝つきが悪い

・夜食がやめられない(お腹すくと寝られない

・間食がやめられない

カフェイン中毒

・おいしいごはんが食べたい(カフェテリアは微妙、自炊する時間と心の余裕が欲しい

アトピーつらい

・かたこりつらい

・運動不足

・姿勢が悪い

・むくみ

・血行が悪い

・のんびりする時間が欲しい

・家事をきちんとする時間が欲しい

・もうちょっと身なりに気を使えるようになりたい、かっこよくなりたい

・洋服にお金をかけたい

・貯金したい

・人間関係→結構恵まれてる気がする。恋人いないけど

・参加してて楽しいオケに乗りたい(切実

・リード削る時間をとりたい(先生に頼りすぎ

・もっと楽器吹きたい(1日3時間とか

・読響定期に通いたい(遠い

・読書、音楽を聴く、楽譜を眺めるなどの時間をもっととりたい

・研究→無知すぎてすすまない焦り

自己分析

こうして書き出してみると圧倒的に健康面生活面への不満が大きい様子。

不健康な生活を送っていて身体に支障が出ている自覚があるのに、なぜ行動しないのか。

『自分で、それをやらないことを選んでいる』

ああ不健康だな、って毎日後悔しながら。

『ポジティヴに捉えられないまでも、事実を事実としてまずは感情を排除して、ただ受け取る』

深夜なのに食べちゃった、と自分を責める癖をやめてみる。

『そんな些細なことで人間失格だなんて思わずに、そんな自分も受け止める』

『自分にオッケーを出すことを覚えれば、人にも優しくなれる』

小さな決意

・コンビニでお菓子、お酒を買わない(買うならスーパー行こう

・ホットスナック買わない

・朝ごはんは必ず家で食べる(駅のホームでコンビニおにぎり食べない

・なるべく毎日お風呂に浸かる

・大学いくだけの日は全身ユニクロでもいいから、出かける日はちゃんとした格好しよう

・朝セミナーがない日は、楽器をさらってから大学に行く

 

これくらいなら守れそう。

今日はここまで。

リヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲を演奏してみた(クラリネット吹きの悩み)

先週日曜日、ヨハネス・ブラームス・フィルハーモニカーにて、リヒャルト・シュトラウスオーボエ協奏曲を演奏しました。

 


Strauss: Concerto per Oboe (Schellenberger)

 

 

この曲は以前からフランソワ・ルルーの録音をよくきいていたのですが、BGM的に聞き流していただけだったので、いざ楽譜を開いてみてびっくり。クラリネット難しすぎる!!

f:id:kanonundgigue:20160715001610j:plain

これがオケの譜面だとは思えない!

 

というわけで、あまりに難しかったので、後学のために(?)技術的な運指ポイントをいくつかまとめておきます。

 

ちなみにこの曲、市場(?)に出回っているクラリネットパート譜はすべてinBbなのですが、D-durであることを考慮し、1,3楽章はA管で吹くことを決行しました。その方がスケールもアルペジオも絶対楽だって。

 

1楽章では、ソロ・オーボエとオケ中のクラリネットが対等にアンサンブルを展開します。ひとりで吹くだけでも難しい、高音域に渡るスケールとアルペジオのオンパレード。「えっこれアマオケでやる曲なの!?」というのが真っ先に口を注いで出た言葉。

 

f:id:kanonundgigue:20160715003910p:plain

冒頭シ♭はL、レはtr2、その後のシ♭はF1。

 

f:id:kanonundgigue:20160715003720p:plain

この形の5連符は、ミ♭はF1一択ですね。

 

f:id:kanonundgigue:20160715004316p:plain

1楽章終盤。右小指は初めからEbをおさえっぱなし。

 

さて、3楽章にも隠れた難所がたくさん。tuttiに駆け上がる前の16分音符とか。

f:id:kanonundgigue:20160715003304p:plain

私は書き込んだ通りの運指で決行。たぶんこれが一番楽です。

 

f:id:kanonundgigue:20160715004532p:plain

ファはたくさん押さえるやつ、ソは普通、シ♭はファ+小指Eb、ラ♭はそこから左小指と右薬指を話して、ソ♭はたくさん押さえるやつ、ファはたくさん押さえるやつ。(伝わるかな。。)ここ本当に難しいですが、これ以外に運指ないです。このシ♭を確実にあてられるアマチュアなんて世の中に存在するんでしょうか…?

f:id:kanonundgigue:20160715004913p:plain

前後の関係でラは右小指Ebを選択する以外ないと思うのですが、それだと音程低すぎて周りとなかなか合いません。今回は相談の結果、Flのお姉さまに無理やり合わせていただく形となりました…。(Flはこの音高くなりやすいそうでした)

 

 

以上、主要な運指ポイントでした。

これまでに勉強してきたことを存分に試させていただくよい機会となりました。ありがとうございました。

半径5メートルの野望

日曜日に、わかちゃんから借りた本。

半径5メートルの野望

半径5メートルの野望

 

 はあちゅうのことは、テレビなどで見て知っていたし、しばらく前にtwitterでフォローしてからは「頭の良いひとだなあ」という印象。香港日本人学校出身というのも、親近感の湧いたポイントだった。

 

自己啓発本の中には薄っぺらい、それが結局何の役に立つの?と思わされてしまうものも少なくない。

あるいは、目から鱗がぼろぼろ落ちるような、素晴らしい本だって出版されているのだろう(私はあまり自己啓発本を読まないので、そのようなものにあたったことはないのだけれど。)

はあちゅうのこの本は、私にとってそのどちらでもなかった。

 

「このひとは、私と似た思考パターンを持っている」

というのが率直な感想。

 

「後先考えずに行動するスピードと機動力」

「リーダーになろうと思ったら、弱音は吐くな」

「締め切りがある夢は叶うし、ないものは叶わない」

「できるかな、じゃなくて、やるんだ!」

「成功しているからキラキラしているのではなく、頑張り続けているからキラキラして見える」

「予定を立てることに命をかけています」

「進化しなければ、日々進化している人には負けます」

「時には無理をしないと、自分自身が成長しない」

「やる気に、実力を追いつかせる方式」

「私は自分のこととなると、いちいち地獄の底まで落ち込みます」

 

彼女の言葉ひとつひとつに

「ああ、私もそう思っていたのよ、仲間がいたのね!」

と嬉しくなった。

私の取り柄は、負けず嫌いと粘り強さ、ど根性。天才じゃないのはわかってる、それでも叶えたい夢があるから、毎日頑張っている。

周りの人が心配するほど、当の本人は辛く感じていないのだ。だって頑張ることが楽しいのだから。それで身体がぼろぼろになってしまっていることはしばしばだけれど。

私は成長する。進化し続ける。私の人生のために。