読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Prestige

日々の記録。

読解する

左から右へ、目を動かす。文字列をスキャンする。一番端までいったら、1行下へ移動して、同じことを繰り返す。たったこれだけの動作なら、さほど難しくない。 だが、スキャンした文字列は、何がしかの意味を持っている。 ワタシハソノヒトヲツネニセンセイト…

私の「感性」

私の師匠は「感性」という言葉をよく使う。「感性」とは「感動」できる心のこと。「感動」と「感激」は違うもので、「感激」できるひとは多くても「感動」できるひとはそういない、というのが先生の持論だ。 「感性」は芸術のみならず、日常におけるそのひと…

コンビニ人間 / 消滅世界

コンビニ人間 今年の芥川賞。発売早々読んだのですが記事にしていませんでした。 コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (20件) を見る 主人公は、おそらくなんらかの発達障害…

今抱えてる曲memo

数年ぶりに抱えている曲が少ない。 ・ウェーバー/Concerto no.2 (レッスン課題) ・ドヴォルザーク/新世界1st ・ツェムリンスキー/Trio だけ!! しかもドヴォルザークは演奏経験あり。 ウェーバーは指は回るのでさらいこむだけ。 ツェムリンスキーは和声が…

とにウツ[実践編#1]

はあちゅう2冊目を読書中。 折角夏だし、私も1ヶ月で人生を変えたい。ということで本書に沿って私もセルフカウンセリングしていくよ!(よってレビューではありませんただのネタバレです) とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 (角川書店単行本) 作者:…

リヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲を演奏してみた(クラリネット吹きの悩み)

先週日曜日、ヨハネス・ブラームス・フィルハーモニカーにて、リヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲を演奏しました。 Strauss: Concerto per Oboe (Schellenberger) この曲は以前からフランソワ・ルルーの録音をよくきいていたのですが、BGM的に聞き流…

半径5メートルの野望

日曜日に、わかちゃんから借りた本。 半径5メートルの野望 作者: はあちゅう 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/01/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る はあちゅうのことは、テレビなどで見て知っていたし、しばらく前にtw…

ブログ再開

前のブログはとてもプライベートな日記だったので、せっかくブログを書くのなら、他人が読むことを前提として(誰かのためになる内容というより、思考をただぶちまけるのをやめようという意味で)みようと思いあたり、新しく開設しました。 不定期更新の予定。